平日禁酒1,000日マラソン

20年間ほぼ毎日の飲酒をしてきた私が、健康診断でのちょっとした不調をきっかけに、さまざまな禁酒の方法、テクニックを考えます。

肥満、ダイエット、糖尿病、痛風、薄毛・育毛、家計、不況・・・、禁酒したい理由はたくさんあるのに、どうしても欲望に負けてしまう日々を少しでも解消しようと、さまざまな禁酒への取り組み、アルコールとの付き合い方、考え方などを書いていきたいと思います。

同じ悩みを持つみなさんに、少しでも参考にして頂ければ幸いです。

 | トップページ |  全ての記事を見る | 

スポンサーサイト

スポンサー広告   |   --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆流性食道炎 食生活の改善が基本

逆流性食道炎   |   2011年11月16日

半年かけてやっとのことで改善してきた逆流性食道炎。最近はテレビCMでもよく見かけますが、職場ではこれになったのは私だけなので、CMを見る度に何やら小恥ずかしい今日このごろ。
ちなみに「胃食道逆流症(GERD)」というのが本来で、その中で食道にびらんが見られるものが逆流性食道炎です。

先日、約半年ぶりに受けた2回目の胃カメラでは、食道炎、胃炎ともにほぼ完治。お薬はちゃーんと効いていたわけで、あとは胸焼け、胸痛、喉の違和感など、わずかな自覚症状を残すのみ。

さて、PPI(プロトンポンプ阻害薬)と漢方薬はまだまだ続けている段階ではありますが、逆流性食道炎になって食事にはとても気を遣うようになりましたので、
今日はそれについてです。食生活の改善なしでは回復はありえなかったと思っていますし、もし元の食生活に戻してしまったら再発の可能性も高いというのが逆流性食道炎です。


まず1日3食を規則正しく食べること。なるべく間食しないことを基本にしています。いつでも身の回りにお菓子や清涼飲料などの間食を摂りやすい生活だと胃が休む時間がないからです。
1日の中で胃にとって消化にがんばる時間と、休息する時間のサイクルをちゃんと規則的なリズムで与えてあげることが大事。これは薬剤師のおじさんに教わったことです。

ただ、空腹になりすぎは胃酸過多が胃を傷つけやすくよくないので、昼の3、4時くらいなどあまりにお腹が鳴るようなときには補食する。これは私のドクターのアドバイスです。
私はそんな時には主にナッツ類を食べるようにしています。クルミやピーナッツなど、糖質が少なくて良いです。

次に、夕食はなるべく早い時間帯に「軽め」に摂るようにし、食事から寝るまでに十分な時間を空けることで、就寝時には胃をすっかり休められるようにしています。
私はサラリーマンなのでなかなか難しい面もありますが、できれば夜7時、遅くとも9時には夕食が終えられるようにしたいと思っています。
最低でも寝る前の2~3時間くらいは何も食べないでおきたいので、9時までに食事が終われば11~12時過ぎには寝ることができます。こうすることで寝ている間の胃酸の逆流を防ぎます。

そして、夕食を軽め心がけるようにしたことで、代わりに朝、昼の食事の重要度が上がり、3食のバランスが良くなりました。

実は以前は、朝はコーヒーだけ。昼はカロリーメイトかソイジョイだけ。その他は平日の昼間は会社で砂糖やミルクの入ったコーヒーを延々と飲み、帰宅後の夕食だけはがっつりこってり。土日はさらにアルコールも補給という生活を続けてきました。
平日禁酒が軌道にのって、トータルで摂取するアルコール量だけは減り、いろいろ健康面でメリットを感じるようになって超健康体を気取っていましたが、今思い返すと酷い食生活です。
さすがにGERDの症状で苦しむようになってからは必死の思いでいろいろと調べ、このままではいかんということで、朝、昼をしっかりとバランスよく、夕食はあっさり消化の良いもの、そして何より各食事とも食べ過ぎない、腹八分目を厳守するということを心がけるようにしました。

ちなみに消化の良いもの、逆食に良いものとしてこれまでよく食べていたものとしては、
牛乳、卵、キャベツ、大根、豆腐、納豆などの逆食に良いとして有名な食材のほか、チーズ、ヨーグルト、モロヘイヤ、青汁(大麦若葉)なんかを意識してよく食べました。
野菜などの具沢山スープや味噌汁などが消化にもよく、特に食欲のない時などには重宝しました。
今では回復してきて肉でも何でもよく食べられるようになってきたのですが、一時期はいかに栄養のバランスを取り、胃の負担なくカロリーが摂れるかを考えて過ごしました。

しかしそんな食生活の改善から、何と先日の会社の健康診断では、LDL(悪玉コレステロール)が激減していました。その他の中性脂肪などの数値もほぼ改善してカンペキな状態。
健康診断的には超健康体となって、逆に定期健康診断の無力さを知らされることになりました(笑)

体重もこの半年で激減で、今年の正月太りから比べたら10キロも減り、高校生以来のベスト体重になりました。余分な脂肪が落ち、顔も小さくなったので、少し長めだった髪を何年ぶりかにばっさり切りました。

アルコールはと言うと、さすがに断酒をしました。アルコールは胃酸の分泌を増やすことと、胃と食道の間の逆流を防ぐ弁(下部食道括約筋)を弛めることが指摘されているからです。
平日禁酒をしていたおかげで、それほど断酒も苦痛ではなかったのはありがたかったですが、
それでもどうしてもビールが飲みたい!そんな時にはアルコール0.00%のビールやカクテルを飲みました。
一昔前にいくつかノンアルコールビールを試したことがあったのですが、味がいまいちで続けて飲む気にはなれませんでした。でもこのごろのノンアルコールビールの味は上がっていますよ。それなりに満足できます。
飲まず嫌いでおられる方は一度試してみると良いかもしれません。いつも飲むビールの中に1本2本紛れ込ませて、全体のアルコール量が減らせるかもしれないですよ。低カロリーや低糖質のものまであります。

実は今でも怖くて食べられないものが1つだけ残っています。カレーライスです。香辛料たっぷり、ご飯とカレールーの糖質ダブルパンチは胃酸がよく出ると聞き、それを知らずに一度だけ食べた時に酷い胸焼けに遭ったのでそれ以来食べてません。カレー風味の味付けであっても恐る恐るです(笑)
逆食の人は、辛いもの、甘いもの、アルコール、香辛料、コーヒーなどのカフェインを含む飲み物、冷た過ぎるもの、熱過ぎるもの、炭酸などは意識して控えるほうが良いとよく言われます。


このような感じで約半年間、薬を飲み続けると同時に食生活を改善してきたおかげで、今では何でも食べられ、アルコールもほどほどになら飲めるようになっています。こんな幸せなことはないですよ。一時は治らないと思い、絶望でしたから。
自覚症状は明らかに日に日になくなりつつあります。ただし、治ってきたからと言って、自分の判断で薬を止めるのは、再発しやすい逆流性食道炎には良くありません。
次の診察は12月に予約を入れていますので、そこで薬を減らしていくことを相談するつもりです。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hk1000.blog99.fc2.com/tb.php/91-f96aff96

 | トップページ |  全ての記事を見る | 

人気記事マップ

平日禁酒のルール
GWの悲劇 断酒始まる
 ⇒逆流性食道炎ブログ
痛風
痛風の症状
痛風の原因
痛風の食事療法
食品のプリン体
痛風になりやすい性格
糖尿病
糖尿病の不安
糖尿病とは
インスリンの働き
1型と2型
糖尿病の合併症
糖尿病性網膜症
糖尿病性腎症
糖尿病性神経障害
薄毛・抜け毛
髪の毛の生える仕組み
抜け毛とアルコールの関係
健康診断結果の見方
BMI(ボディマス指数)
血糖値
γ(ガンマ)-GTP
LDLコレステロール
HbA1c(グリコヘモグロビン)
尿糖
クレアチニン
注意事項

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

逆流性食道炎のポータルサイト 逆食なう

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
ブログランキング
ブログランキング【くつろぐ】
ブログランキング
ランキングはこちらをクリック!
ブログランキング

カレンダー

« | 2017-09 | »
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

takashi

takashi

飲酒歴20年になるサラリーマンです。
20年間ほぼ毎日欠かさず、ビールを飲んでいます。
若い時は、晩酌で500ml缶で6本くらいかそれ以上飲んでいたと思います。今ではちょっと量が減って、350ml缶で4~5本くらいには落ち着いてきていますが。
今も昔も飲み会になると、どれくらい飲んでいるのか分りません・・・。
直近の健康診断にて、
尿酸値: 7.1mg/dL
LDL: 122mg/dL
HbA1C: 4.4%


SEO対策: アルコール  ビール  痛風  糖尿病  コレステロール

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。